So-net無料ブログ作成
検索選択

自作OVD-1を仕様変更 [Guitar]

この間注文した部品が届いたので早速ダイオードを付け替えて音を比較してみた。
また、オペアンプを数種類一緒に買ったのでこれも付け替えてみた
録音方法は全く前回と同じ。
エフェクターのつまみは全部統一で、『VOL 5 , TONE 10 , DRIVE 5』で固定。

まず前回録音した音源がこれ。



ダイオードを全部(7個)1S1558から1S5555に変更して、オペアンプは前回(4558DD)のまま。

なんとなく変化が分かる。歪みの粒が大きくなった感じ。

オペアンプを4558DD艶ありに変更

DDよりなんとなくきれいな音。

オペアンプを4558D帯入りに変更

一番ジャリっとした音質。これが一番好きな音。

オペアンプを4558DXに変更

帯入りに近い感じ。


今回、DDとか艶ありとか帯入りとかいろいろ付け替えてみて、ほとんど変化がないのが
ちょっと残念だった。
ダイオードの変更による音質の変化の方が分かりやすかった。
でもやっぱり本物OVD-1についている4558DVをつけて確認してみたいなあ。

最後に自作OVD-1をBOSS GT-10にセンドリターンで接続して、(かなり)適当に弾きながしてみた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。