So-net無料ブログ作成

JC-55でB.BLUE! [BOØWY]

ZODIAC WORKSさんからギターが帰ってきた!
POTのガリやスイッチのノイズが完全に解消された!
ナットも新品でフレットもすり合わせをしてもらい、高すぎる弦高も
低くなって戻ってきた!ビビリもかなり改善されて良い感じだ!
まだまだ現役で使えそうです。

先日入手したばかりのROLAND JC-55で確認。
アンプの前にQ3を置いたのでオケはほとんど聞こえません。
一発録りでしかも今回は立って弾いてます。
ミスありますが音源確認ということでそのままUP。
スタジオではいつもこんな感じにミスしています。。。


2010/08/22
前にアップした音源はオケがほとんど聞こえなかったので、Q3の位置を変えて録り直した。

メンテナンス! [Guitar]

ずっと気になっていたギターの弦ビビリが最近酷い。
まず弦高を上げてみたけどそんなに変わらなかった。
次にトラストロッドを回して、やや順反りにしてみたけど
やはり余り変化が無かった。
他にもダメ元で弦の太さを変えてみたり、ナットに潤滑剤を塗ったり
したけど、やっぱり直らない・・・。

そこでついにこのギターをメンテナンスしてもらうことにした。
このギター(TE-95HT)をメンテナンスしてもらうのはこのショップしかない!と決めていた。
ゾディアックワークスさんです。
電話してみたけど留守だったようで繋がらなかったので、メールで症状を説明したところ、
翌日に処置(予測)や概算で金額を教えてくれました^^

今ギターは入院中です。。。。
実際ギターを見ていただいたところ、フレットすり合わせ、ナット交換、
スイッチ・POT・配線交換が必要とのことです。
でもフレット交換になっていたら予算オーバーだったので助かった~

修理に2~3週間かかるそうだが、早く帰ってくるのが楽しみだ!

DREAMIN' ! [BOØWY]

このDREAMIN'もバンドでは必ず練習する曲。
スコアはLAST GIGSを参考にした。
音作りは全然LAST GIGSじゃないけど。。。
とりあえず確認用にアップ。

オケはフジブロスさん作です♪

RATS ! [BOØWY]

ラッツ!
今日はじめて曲の最後まで耳コピした。
イントロのチャチャチャチャ チャチャチャチャのポジションが
よく分からなかったけど、耳の良い妻に1音ずつ拾ってもらって
おぉーこれだ!って感じでできた。
でも他は自分の耳でコピーしたからところどころ違うかもしれないなぁ。
とりあえずこれも確認のためにアップ!
オケはまたまたフジブロスさんにお借りしました♪

B.BLUE! [BOØWY]

久しぶりに確認の為に音源アップした。
バンドでよく演奏する曲。
どうも出だしが苦手です。時々こんな感じにズレます。
音源アップすると自分への戒めになる。。。繰り返し練習だ。

演奏は微妙でもオケは完璧です!
このオケはフジブロスさんにお借りしました♪

再びSPX90ネタ [Guitar]

先日SPXの設定について、コメントを頂きました。
『REAVERSE GATE』より『EARLY REFLECTION』の方がしっくり来たと。
ヒュワー音の設定は色々飛び交っていますね。
他にも『GATE REVERB』を使っているっていうのも聞いたことがある。

せっかくなので、今回『EARLY REFLECTION』(以下E/R)を使ってみた。
E/Rには1と2があるが、説明書を見るとE/R1は反射音の数が少ない。E/R2は反射音の数が多い。
と書いてあったので、E/R2を使うことにした。

マリオネットのソロが分かりやすいので試しに録音。
E/Rの方が音が太いように感じます。気に入ったのでしばらくはこれで行こうと思う。
コメントくれたごうさん、ありがとうございます。
いつもどおりQ3で録りました。(最近ライン録りしてないなぁ)
Q3をSPXの真横に置いたので、SPX切り替え時のカチッて音が聞こえます。


SPX90のフットスイッチについて [Guitar]

先日SPX90を購入した時、フットスイッチとして専用のYAMAHA FC-5が売ってなかったので
ハードオフでKORG PS-1というフットスイッチが安く売っていたので代用として使っていた。

SPXのバイパス切り替えに使うのだが、KORGスイッチでも動作はしていた。
が、どうにもワンテンポ遅れるので切り替えたいタイミングの少し前に踏まなければならない。。。

かなりタイミングが取りづらい。。。。。

YAMAHAのFC-5なら問題ないのか半信半疑だったが、先日とうとう買ってしまった。(1500円)

で、タイミングは、、、、

バッチリ、踏んだ瞬間に切り替わってくれます!!
やっぱり専用のものでないとダメだんだなぁ、と思いました。。。

Decadance Dance! [Guitar]

今日は本当に久しぶりに洋楽を弾いた。
EXTREMEのDECADANCE DANCE。
でも譜面を引越しのときに捨ててしまっていたので、
ソロやオカズがうる覚え状態。。。
リフはなんとなく覚えている。

こんな状態だけど、せっかくギターも半音下げチューニング
したので録音しておいた。
1発録りなので、結構ミスってます。。。。
イントロは出だしのタイミングが合わず走ってしまった。
昔はもっと上手かったような気がするな。

今日のギターはTE-95HTでは無く、
IbanezeのPrestage RG2570Eというギターです。


YAMAHA SPX90 [Guitar]

Marionette、FunnyBoy、BlueBacationなどのギターソロで鳴る
あの『ヒュァー』とか『ギュォー』の音はYAMAHA SPX90の
「Reverse Gate」で鳴らしている、と言われている。

そのYAMAHA SPX90をついに(中古で)購入した。
かなり美品、というか新品みたい。とても20年前の
機器とは思えません。

SPX90.jpg


さっそく弾いてみた。
SPX90はGT-10の後ろに繋いだので、ライン録りするとSPX90の
音が入らないので、またQ3で直録り。
SPXのソロ部分を2回繰り返してそのまま曲に突入し、途中でフェードアウトした。
今日初めて使ってみたけどタイミングが難しい。
ソロの流れはこんな感じ。
『クリーンバッキング→ソロ開始でSPXオン→すぐにOVERDRIVEオン→
→最後のピックスクラッチ中にOVERDRIVEオフ→ピックスクラッチが
終わったらSPXオフ→クリーンバッキング』
・・・慣れないとかなり忙しい。
OverDriveはオンにしなくても似た音は出るけど、CASE OF BOOWYの
CDを聴いているとどうも歪ませているように聞こえるのでOverDriveはオンに
した。


自作OVD-1を仕様変更 [Guitar]

この間注文した部品が届いたので早速ダイオードを付け替えて音を比較してみた。
また、オペアンプを数種類一緒に買ったのでこれも付け替えてみた
録音方法は全く前回と同じ。
エフェクターのつまみは全部統一で、『VOL 5 , TONE 10 , DRIVE 5』で固定。

まず前回録音した音源がこれ。



ダイオードを全部(7個)1S1558から1S5555に変更して、オペアンプは前回(4558DD)のまま。

なんとなく変化が分かる。歪みの粒が大きくなった感じ。

オペアンプを4558DD艶ありに変更

DDよりなんとなくきれいな音。

オペアンプを4558D帯入りに変更

一番ジャリっとした音質。これが一番好きな音。

オペアンプを4558DXに変更

帯入りに近い感じ。


今回、DDとか艶ありとか帯入りとかいろいろ付け替えてみて、ほとんど変化がないのが
ちょっと残念だった。
ダイオードの変更による音質の変化の方が分かりやすかった。
でもやっぱり本物OVD-1についている4558DVをつけて確認してみたいなあ。

最後に自作OVD-1をBOSS GT-10にセンドリターンで接続して、(かなり)適当に弾きながしてみた。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。